前へ
次へ

フレックスタイム制はどんな人が選ぶといいのか

求人情報の中にフレックスタイム制を採用していると明記しているものがあるでしょう。
一般的な職場では正社員に対する勤務時間の規程を就業規則に定めていて、始業時間から終業時間まで勤務をすると一日勤務したと認めてもらえます。
もし始業時間に遅れたり終業時間前に帰ればその分を給料から引かれることもあります。
人によっては朝が弱い人やラッシュが苦手な人、子供の送り迎えをしたい人など始業時間や終業時間にとらわれずに仕事をしたい人がいるでしょうが、これまではパートなどを選ぶしかありませんでした。
フレックスタイム制は始業時間と終業時間を労働者がある程度選択できるので、より自由に仕事ができるようになりそうです。
フレックスタイム制に合う人として、子育てと両立させたい人であったり勤務前や勤務後に趣味など自由な時間を使いたい人などがあるでしょう。
大手会社などでは導入をしているところもありますが、労務管理が難しくなるからか中小企業ではまだまだ導入しているところは少ないかもしれません。

Page Top