前へ
次へ

週休二日制の意味をしっかり把握する

求人情報には仕事と直接関係のない条件も書かれていて、気になる休みに関する情報もあります。
仕事をするに当たってはとにかく休みなく働きたい人もいるでしょうが仕事ばかりをしていると体を壊してしまいます。
適度に体を休める日がある方がより健全に仕事をすることができるでしょう。
かつての職場は日曜のみ休みの週休1日制などが多かったようです。
しかし最近は週休2日制を取る職場が多くなり求人情報にもその旨が書かれているときがあるでしょう。
労働基準法で決められているからかと考える人もいるでしょうが、労働基準法では1週間に1日の休日を与えればよいとしています。
つまりは職場によってはまだまだ週休1日制の会社も多く、中には週休2日制としている職場でも週休1日で働かないといけないときもあります。
毎週確実に2日の休日が欲しいなら完全週休2日制としている職場を選ぶ必要があります。
完全のない週休二日制は一月に一度でも週休二日制を設けていると条件として書くことができます。

Page Top